後継者がいない時の打開策|M&Aのメリットを知ればあなたも利用したくなる

後継者がいない時の打開策

男の人と女の人

買収金額は折り合いが大切

中小企業で後継者がいないために事業が存続できない事例が増えています。このような場合に利用できるのがM&Aコンサルタントです。後継者がいない中小企業と買収を希望する企業をマッチングさせ、合併を成立させます。この時に気をつけたいのが買収金額です。買収を希望する企業はなるべく予算を抑えたいですし、売却する企業は少しでも高く売りたいわけです。このような場合に間に入って調整するのがM&Aコンサルタントです。売却したい企業の事業内容が順調で、負債も少ない場合には強気に出ることができます。ただし後継者がいないという切羽詰まった状況なので、多少譲っても買収してもらった方がメリットがあります。何よりも自分が育てた事業を引き継いでもらえる安心感があります。

株式譲渡で経営を引き継ぐ

買収を望む企業にとって最も重要視するのは、自社が必要としている事業内容かどうかという点です。売り手の企業の事業内容、及び技術力が自社の発展に役立つと思えば買収します。反対に売却を考えている企業は自社の技術力や事業内容を積極的にアピールする必要があります。買収する側も売却する側もM&Aコンサルタントに相談すれば、それぞれの要望を満たす相手を見つけてくれます。M&Aコンサルタントの元で話し合いを行い、買収が決まれば株式を譲渡して経営を委ねることになります。多くのオーナーが自分が築き上げてきた企業を手放すのは寂しいと感じます。しかし後継者がいなくて廃業するよりは、他社によって経営が引き継がれるのが最良の道なのです。