後継者がいない時の打開策

男の人と女の人

後継者がいなくて廃業に追い込まれる中小企業が増えています。打開策はM&Aコンサルタントを活用して、買収希望の企業に売却することです。M&Aコンサルタントは両社の事業内容をマッチングさせ、買収を成立させてくれます。売却する企業は株式を譲渡し、経営を委ねることができます。これにより技術の継承ができます。

More Detail

経営を変化させる起爆剤

握手

ビジネス戦略の一環としてM&Aを利用するケースは多くなっています。しかし必ずしも昔と同じような売上や利益を出せるとは限らないことに注意しなければなりません。高い買い物をしているケースが多くなっているのです。

More Detail

目的を整理することが大切

ビル

色々な利点が存在する

M&Aを行うメリットは1つではなく、方向性次第で様々なメリットを感じることが可能です。例えばM&Aの代表的なメリットとして、得意分野を強化して売り上げを拡大するという点が挙げられます。また売り上げをあげるだけではなく、今までやっていなかった分野の業務を追加することで、業績拡大や企業の安定化にもつなげられます。他にも流通ルートが増えることによって、コストを削減することも可能です。一口にM&Aといっても、このように様々なメリットにつながるからこそ、最初にどのような計画を立てるかが大きなポイントです。M&Aを行うなら最初に指針や目的をはっきりさせて、その目的に合った選択肢を考えていくようにしましょう。

自社に合った目的を考える

どのようなメリットを見据えてM&Aを行うのかという点は、自社の状況から判断することが欠かせません。M&Aというのは必ずしもメリットばかりというわけではなく、一歩間違えれば会社にとって大きなリスクとなってしまうこともあります。そのようなリスクを避けるためにも、M&Aを行う目的をはっきりさせ、その目的に向けて取るべき最善の道を考えていくようにしましょう。またどのような道が最善の道か考えていくうえでは、M&Aの仲介業者の存在が大きくなります。仲介業者は、買収する企業の情報収集から交渉の仲介まで行ってくれる存在です。良いM&Aとするためには、仲介業者選びも大切なので、仲介業者は実績などを考慮して選ぶことを忘れてはいけません。

企業を拡張する買収と合併

女の人

企業を大きくするためには地道に頑張る方法もありますが、専門家に頼んでM&Aを進めてもらう方法もあります。もしも、相手側の企業に候補がないのなら、一番適切なところを探すサービスもありますので、そちらを利用してM&Aをおこないましょう。

More Detail